ジェットバブル® 給水管低圧ガス洗浄工法

ジェットバブル洗浄工法の特徴

画期的な発明、ジェットバブル洗浄工法 日本国内の公共水道本管洗浄に、唯一採用されている技術です。

環境アコロのジェットバブル工法は、低圧ガスを用いた画期的な上水道管洗浄技術です。ブラシや研磨材や薬品を一切使わないため、短い施工時間で済み人体や環境にも安全です。
本水道管の洗浄実績と世界最高水準の安全性と技術は、環境アコロだけの工法です。他工法のエアーやオゾンガスなどの工法とは比べ物になりません。

特徴1:全ての給水・給湯管を洗浄 特徴2:炭酸水を使用する為安全 特徴3:あらゆる材質・管径の配管に対応 特徴4:短期間で施工 特徴5:配管を傷めず洗浄 特徴6:低コストで経済的 特徴7:あらゆる建物形状に対応 特徴8:残存物がなく安全 特徴9:圧縮ガスの発泡で洗浄力アップ 特徴10:優れた精菌酸化膜で赤水を除去 特徴11:現状の配管のままで施工可能 特徴12:弱酸性洗浄なので汚れを分解

ジェットバブル洗浄車

画期的な発明 ジェットバブル車 前特許取得 第3501795号 改良特許出願中・出願番号(特願2010-201686)

より早く、より安全に、より安く

完璧な洗浄作業をお客様に提供したいとの考えから、あらゆる建物の配管(13φ~150φまで)に対応でき手早く作業のできるジェットバブル洗浄車を開発しました。この給水管洗浄車を使用する事で大幅な工期短縮が可能になり、結果的に低コストで作業が提供できるようになりました。

作業内容

作業は低圧ガス注入口、及び洗浄排水口用の消火栓に仮設ホースを接続し、低圧ガスを注入することで、高速化されたバブルのせん断力と溶存低圧ガスの発泡作用により配管うち夾雑物を除去します。

作業風景
ジェットバブル洗浄工法概念図
ジェットバブル洗浄工法概念図

↑ホーム

↑ PageTop